カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)治療

脈拍が乱れて軽く息苦しさを感じるようになったのが年明け。
サーフィンしていて普段よりもパドルがちょっとつらい。
波に乗っているとき、降りたあと、少し息切れがする。

そんな週末が明けてすぐに、3ヶ月に一度の心臓の定期検診があったので、それをお話した。
その日の心電図を見て担当医師(もう29年も観ていただいている)が、即断。
心房粗動。なので、はやいとこカテーテル治療しましょう、ですと。

僕の場合の心房粗動は、右心房の心筋に「あるはずの無い心房内を旋回する回路(拍動のための電気信号ルート)」ができてしまい、通常の拍動の裏側というか隙間で、超ハイスピードで右心房が収縮を繰り返しているという状態でした。
なので、脈拍が「トクン、トクン、トクン、ト・ト・ト・ト、トクン、トクン、トクン、ト・ト・ト、トクン、、、、、、」みたいなことになっていました。

対処としては、右心房内に電極カテーテルを送り込んで、どこに変な回路ができているかアタリをつける。
次に、治療用のアブレーションカテーテルを送り込んで、その回路を遮断するため回路上にヤケドを作る(焼灼する)ということでした。
sinzou.jpg


日程を調整した結果、1月28日(金)の10時入院、15時治療開始。
1時間ほどで治療は終了しました。

鼠径部(ももの付け根)と頸部(くび)の局所麻酔でカテーテルを入れる痛みを消して、
モルヒネ的な強い麻酔の点滴で、心筋を焼く際の痛みを抑えての治療でした。

意識は少しもやっとしてはいるもののはっきり何が話されて、何が行われているかがわかる状態でやってもらいました。
7割型の患者は全身麻酔で眠ってる間に終わらせちゃうようなんですが、僕はちょっといろいろ知っておきたかったので。

先生(担当医とは別のカテーテルの専門医。比較的若い)は、「焼かれている感覚って、どんなでしたか?」と、カテーテルを抜く作業をしながら僕に聞いてきました。7割型が全身麻酔で覚えていない患者なので、局所だけですませた患者から、できるだけいろいろ聞きたいのだそう。
そうか、医者もいろいろとがんばってインプットを増やしてるんだなあと思いつつ、一生懸命説明しましたが、心筋を焼かれるときの痛みってのは、なかなか説明がしにくかった。

成功裏に治療は終わったので、鼠径部と首の傷さえきちんと塞がったことを確認出来れば、まるっきりもとの生活に戻ってよしということでした。
なので、明日月曜からは、完全に普通な状態。うれし。

Facebookがなぜすごいのか?を広告関係者の立場から考えると.....。

広告会社の社員は、日々デジタル広告やデジタルテクノロジーがじわじわと業務領域にしみこんできているのを横目に見ています。

そして、多くのクライアント担当者がビジネス上の必要に迫られて、リスティング広告の運用やウェブサイト構築・改善に泣く泣く手をつけ、痛い目に遭いながらもぐんぐん成長していってしまう後ろ姿も見ています。
「この間まで一緒に“デジタルって忙しくて儲からん。よくわからんし”とか言ってたのに!」と、くよくよしながら、遠ざかっていくクライアントの後ろ姿を目で追いかけながら。

そういうのじゃいかんのよ、みなさん。私も。

ということで、これから自分が「これはためになる。いつかまた読まねば」と思った記事を、忘れないようにリストしていくことにしてみました。

今回は、Facebookがなぜすごいのか?です。
クライアントから問われたときに、こう答えられれば及第点だ!ということで。

アナグラムってえ会社の阿部圭司社長ってかたがわかりやすく解説してくれています。

記事はこちら。

https://anagrams.jp/blog/why-is-facebook-wonderful-by-this-much/


[PR]
肩こり、腰痛、骨盤矯正、おまけにオイルマッサージまで。
東西線・南行徳駅徒歩4分。
夜11時まであいている整骨院&オイルマッサージサロン。
行徳ふくろう整骨院
スタッフは女性だけですヨ!
http://gyotoku-fukurou.jp/



来春、休みをとってハワイに行きたいわけですが。

妻の仕事の都合で、長期の休みは春休みと夏休みと年末年始だけになった。
ということは、ハイシーズンだけが長期旅行の機会。

ハワイ好きの我らとしては、今まではそうしたシーズンを避けることで旅行費用を抑えてきたわけだが、
それができなくなっちゃったわけである。

で、去年の夏は、ハワイはあきらめて東北5県を車で巡る5日間の旅に出たわけです。
今年は1泊2日で勝浦にお魚を食べに行っただけで終わっちゃってる訳です。
(勝浦のお魚うまかったので満足ですよ)

でもそろそろハワイに行きたい熱が高まって、来春3月に行くことに(今のところ)しました。

今回は、カウアイ島に行きたいところを、国内線の往復費用もかかるし(ハワイアン航空で往復2万円くらいかな)、
時間ももったいない!(片道40分くらい。チェックイン手続きやら待ち時間を入れたら二時間くらいはロスするよね)ということで、
オアフ島で我慢するということにしました。(オアフ島に失礼だな、おい)

そうすると、パッケージツアーにしたほうが安いんです、たぶん。
航空券とホテルとレンタカーのパッケージ。

しかしうちはメシを自分たちで作って、部屋でゆっくり取りたいのです。
献立も食べたいものを食べたいのです。
なので、どうしてもフルキッチン付きのラナイが広めのコンドミニアムに滞在したいのです。
朝ご飯を、海や庭を見ながら、鳥のさえずりを聞きながら、食べたいのです。
夜、波の音を聞きながら、ふたりでビールを飲みたいのです。

なので、結局パッケージツアーは使えない。
パッケージツアーのコンドミニアムは、大概が6名とか大人数の家族が安上がりに滞在できる目的のものなので、
3ベッドルームだったりして、僕たちにはデカすぎる。
(なのにキッチンが脆弱だったりしてさらに向かない)

まずは宿探しなわけですが、今年は話題のAirbnbを使ってみたいとも思ったんですが、やっぱ行ってがっかりもなんだなあということで、やはり管理会社がきちんと管理しているコンドミニアムにしようと思っております。

前回のハワイ旅行でも使った、VRBOが結構使えるので、そこで探そうかなと。

来年3月の春休みシーズンで、人気のオアフ島で、100ドル以下でもそこそこ出てきます。

さて、その前に上司に休みの許可をもらわねば。


[PR]
肩こり、腰痛、骨盤矯正、おまけにオイルマッサージまで。
東西線・南行徳駅徒歩4分。
夜11時まであいている整骨院&オイルマッサージサロン。
行徳ふくろう整骨院
スタッフは女性だけですヨ!
http://gyotoku-fukurou.jp/



行徳ふくろう整骨院

今まで自宅をサロンにしてオイルマッサージを施術してきた妻が、
友達の始めた整骨院にジョインしてそちらでオイルマッサージを始めました。

その名も「行徳ふくろう整骨院」。

院長の谷さん(妻の友人)が以前から「平日仕事をした後に通える、夜遅くまでやっている整骨院があったらいいのになあ」と思っていたのを、自分でやっちゃったみたいです。

そこに妻も参加しました(彼女は柔道整復師でもあり、オイルマッサージやリンパドレナージュの資格も持っています)。

そして妻が一緒にハワイ島でスウェディッシュマッサージの資格を取得した際にルームメイトだったサヨちゃんにも声をかけて、現在は施術するのは女性三名。

そこに受付などいろいろ担当してくれる西田さんも加わって、女性ばかり四名での開業です。

今後、鍼灸を担当する女性も加わる予定で、
女性による、女性のための癒やしの場所として賑やかになっていくといいなあ。

東西線・行徳駅から徒歩4分。

お運びくださいませ。

行徳ふくろう整骨院のサイトはこちら >>>> http://gyotoku-fukurou.jp/

書き手

ふらふら

Author:ふらふら
ハワイイ、サーフィン、ビール、料理、広告、マスコミ・ジャーナリズム、etc.etc........あれこれ興味は広がるものの、どれもこれも中途半端にかじりっぱなし。
生半可な知識と経験から、感じたことをあれこれと書いてます。
楽しいこと、おいしいこと、嬉しいこと、素敵なこと。
そういうものを出来るだけシェアできればと思います。

ハワイお薦めスポット
Google衛星写真地図で、ハワイ各島のおすすめスポットマップを作りました (作成中)。実際に行ってみて良かった場所のみご紹介。 でも、日記を読みながらじゃないと情報量が少ない!って思われるかも。 お許しを。
■カウアイ島
■モロカイ島
■ハワイイ島
■マウイ島
■オアフ島
■ラナイ島:行ってないのでわかりません!すみません!
日記のカテゴリー
最近の日記
リラックスしたい方に
女性専用リラクセーションサロン・メネフネ
ハワイ島でマッサージ修行してきた女性セラピストの隠れ家的(?)マッサージサロンです。女性専用。お近くの方は是非おたずねくださいませ。
このブログ内を検索
書き手にメール
本BLOGに関する叱責・罵倒はこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード